免税品の購入

Tax Free

免税商品を購入できるのは非居住者!

日本在住で海外旅行にも行く予定や海外に住む予定がない方は免税を受けることができません。あくまでも非居住者でないと購入資格が無いのです。非居住者というのは、外国に居住している方のことを言います。そのため購入時にはパスポート確認があります。日本人で海外暮らしの方が一時帰国をする時に免税商品を購入することができます。

そもそもの非居住者の基準ってなに?

非居住の基準っていうのは海外に居住しているだけではなく様々な基準を設けております。例えば、仕事の都合で海外転勤になった方、外国に2年以上は住む事になった場合の方などが基準になります。たくさんの法律があるため全ては言えませんが、非居住者の基準になります。

購入店は免税許可のある店舗で!

繁華街を歩いていると、必ずと言ってもいいほど「免税」「TAXFREE」の文字を見ます。もし自分が免税商品を購入できる資格があるのであれば、免税の広告のある店舗で購入しましょう。しかし、大きな繁華街であっちこっちあるくのも時間のロスになるため、大きな商業施設やドンキホーテのような1つの店舗で生活用品から医薬品まで、たくさんのジャンルの商品があるお店で購入すると、時間短縮になり、プライベートタイムを多くつくることができますよ。

購入した際の注意点!

購入後に一番注意して欲しいのが「買ったら出国」です。普通の観光であれば特に注意することはありませんが、一時帰国や長期滞在するケースの方は要注意です。免税店で購入した商品は、購入したら6ヶ月以内に商品と一緒に海外に出国しないといけません。また食品関係では、免税で購入して、そのまま日本で食べてしまったら免税した税を支払わないといけません。

非居住者のための!免税商品を購入するための手順1

商品を選ぶ!

免税商品を購入するためには、まず免税対応している店舗を探します。店舗が決まったら、商品を探しましょう。ここまでは普通の流れになります。特に注意して欲しい点は食品です。いざ帰国したら賞味期限切れになっているケースも多いです。中には早めにお食べくださいということもあります。お土産を購入するなら賞味期限まで間が空いている食品を選びましょう。

レジに行く!

当たり前ですが、選んだ商品を持ってレジへ行きましょう。購入時にパスポートを出してください。これを忘れたら、免税前の価格で購入することになります。なのでパスポートはレジに並ぶときに取り出して商品と一緒に持っておくと忘れにくいですよ。

購入者誓約書に署名!

購入時には「免税で購入した商品ですよ」という購入者契約書に署名してもらいます。記入した後に購入記録表とパスポートの間に割印を押してもらいます。購入記録表とパスポートに割印をもらうことは最大級に重要事項なので、忘れないでください。。

購入記録表を税関で回収される

いよいよ日本から出国する日です。その時に税関で滞在中に買い物した商品や購入記録表の確認が入ります。アドバイスとして、出国前に購入した商品と購入記録表を自信でも合っているのか、割印が押されているのかを再確認しておきましょう。そうすることで税関でのトラブルも未然に防げると思います。

免税品と一緒に出国!

無事、税関を突破できたら、あとは購入した商品と一緒に出国するだけです。ちなみに、免税のルールに関してですが、予告なりで変わることがあります。なので一時帰国する人、今から海外に行く方は、先に免税のルールを確認してくださいね。