運転免許の更新について

私たちの社会には自動車はなくてはならないものとして存在していることでしょう。
車を運転するには当然ながら運転免許証が必要になっています。
また、運転をしていないペーパードライバーの方でも免許証は普段から携帯していることでしょう。
それは身分証明証になるからです。
基本的に何か手続きをする場合(銀行口座開設・レンタルショップの会員入会など)には免許証を掲示しないと、身分を証明できないことがあります。
健康保険証よりも分かりやすいことがうかがえます。

通常3年から5年で免許証の更新時期が訪れます(初回更新者講習や一般運転者講習、違反運転者講習、優良運転者講習など)。
その間に住引っ越しをした場合には警察署に届けると運転免許証の裏に新住所を記載してくれます。
さて、この更新手続きですが、運転免許証に記載されている有効期間内に更新しなくてはいきません。
この期間を過ぎた場合には運転免許証が失効してしまうので注意が必要となります。

その期間とは、有効期間満了年の誕生日の前後1ヶ月間となります。
誕生日の1ヵ月前から手続きを行うことができ、有効期間満了日が「土曜・日曜・祝日(振替休日を含む)・年末年始の休日」に該当するときは、その日の翌日まで手続き可能で、運転免許証もその日まで有効となります。
しかしながら、海外旅行(出張)や入院などでのやむを得ない理由がある方に限り、運転免許証の更新期間前の更新手続きが可能となります。



▽SPECIAL LINK
運転免許取得が可能な合宿免許を行っている教習所を検索できるサイトです → → 合宿免許